FXは24時間取引ができるのですが、1か所で取引をするのではなく、大きく3か所で取引されています。まず、東京、そしてロンドン、ニューヨーク、と大きな市場が3つあります。

私は主にニューヨーク市場で取引をしていました。ここはやはり一番大きな市場で、取引高も大きく、参入している人も多いので市場の動きが活発です。

また、このニューヨーク市場が開いている時間に、アメリカの経済指標とか重要な発言があるので、ロンドンや東京に比べて市場が大きく動くことが多いのです。ですからデイトレードにはもってこいの市場です。

それとニューヨーク市場は、日本時間の21時(夏時間は20時)に開きます。仕事を終えて家に帰ってちょっとゆっくりしたら、市場が開くので便利だったのです。さらにニューヨークの主要発言は午前場に出ることが多く、市場が活発に動きます。

私は21時から24時くらいまでチャートを見ながら、チャンスがあれば参入ということをやっていました。ちょうどニューヨークの午前場に当たるので、市場の動きが大きいということも魅力でした。

ですから21時から24時まではパソコンの前に座ってチャートをずっと見つめている。このような日々を送っていました。市場が動き始めるともうちょっと見ていたいと誘惑に駆られますが、翌日仕事があるので、後ろ髪をひかれながらも、24時には手じまいして寝る。このようなスケジュールでトレードをしていました。

お昼間仕事があって帰宅してからトレードするというあなたでしたら、ニューヨークの午前場に照準を合わせるというのもオススメです。